2016年2月7日日曜日

AITO KITAZAKIによる、新作アート作品"HERO"、福島県に誕生!


東京拠点のアーティストAITO KITAZAKIが、福島県南相馬市原町第三小学校の生徒278名とともに、"HERO"と題した新作アート作品を完成させました.。以下に、AITOによる、今作のコメントを掲載します。

時間が過ぎていく中で私達は様々なことを忘れていきます。楽しいことも悲しいことも、人は忘れていくものです。ただ、忘れてはならない事、忘れてしまうには早すぎることもあります。もう一度思い出して欲しい。そして、考えること、思いやることを忘れないで欲しいと願­いこの度映像を製作しました。この映像が皆様のきっかけになる事が出来たら幸いです。

作品タイトル "HERO"。福島で生まれ育ったとある少年。彼もまた2011年の大震災を経験した一人である。あの日を境に、その少年はヒーローになろうと決断した。また大きな震災があったときに自分が空を飛び回ってみんなを助けるために。原町第三小学校の子供達には”君たちの夢が、少年の夢を叶える力になる”と伝え、一人一人の夢を書いてもらった。全校生徒が夢を書き終えた後、その少年には、ヒーローになる為の立派な翼が生えた。

震災で亡くなられた方々の為に今生きている自分たちが出来る事は、震災を忘れない事、そして今この瞬間自分に与えられた時間を悔いなく全力で生きる事だけだと思います。

"HERO"は、映像監督で詩人でもある川端将吾により、発足したプロジェクト”FILM OF FUKUSHIMA”の一環として製作されたアート作品です。(#TOKYOURBANART)
AITO KITAZAKIの動向は、引き続きStreet Art News Japanでお伝えする予定なので、お楽しみにしてください。

Directed by Shougo Kawabata
撮影協力 南相馬市原町第三小学校








Pics by AITO KITAZAKI

2016年2月3日水曜日

Roamcouch 最新ストリートピース『Armored Pure』完成(岐阜県)

技巧派ステンシルアーティストRoamcouchによる最新作『Armored Pure』が岐阜県に誕生しました。ここ数年は美しい風景と子供達という作品に重きを置いてきたRoamcouch。しかし今作では風景は排除し、表情がはっきり読み取れるほどの子供のアップと、カラフルなタグで作品が構成されています。

盟友Martin Whatson(ノルウェー人ステンシルアーティスト)の作品を彷彿とさせるカラフルなタグと、Roamcouchの十八番であるきめ細やかなステンシルワークで描かれた子供。のどかな風景の中に突如現れたこのインパクトのある作品。日常の風景に変化を加え、刺激的にすることを美徳とするストリートアート。都会のストリートアートは少し見慣れてきた昨今。こんな穏やかな場所に現れたステンシル作品がなんだか妙に新鮮に感じます。

世の中に蔓延する嘘から子供のPurity(純粋)を守りたいというRoamcouchの親心を感じます。

  【場所】
 岐阜県安八郡安八町東結630-1 Okuda Garden



Pics by Roamcouch


2016年2月2日火曜日

ロンドン拠点のアートデュオSTATICが結成10周年を記念して来日します!


ロンドンを拠点とするSTATICの二人が結成10周年を記念して3度目の来日をします!アートが大好きな二人がこの10年で磨き続けてきた技術とセンス。その集大成を実際に体感出来る非常に貴重な時間と空間が今回は、2都市に設けられます。会場にはSTATICの作品だけではなく、BANKSY、 ROAMCOUCH、AITO KITAZAKI、Nick Walker、Mau Mau、Penny等の作品も集結しますので、この機会をお見逃しなく。

【広島会場】
 ストリートアート展「NO STREET NO ART」 
@オリエンタルデザインギャラリー ( オリエンタルホテル広島 1F) 
2016/2/4( 木 ) - 2/23( 火 ) 11:00 - 20:00 ( 最終日は 17:00 迄 ) 
壁画制作ライヴパフォーマンス「SWEET BOMB」 
@広島市中区本通パルコ前 2016/2/20( 土 ) 14:00 ー 

【東京会場】
ストリートアート展「SWEET BOMBS」 
2016/2/24( 水 ) - 3/1( 火 ) 10:30 - 20:00 (最終日は 18:00 迄) 


【祝結成 10 周年 + 来日記念企画】
 スタティックとの作品制作コラボレーション「GAME ON!」 
スタティックと購入者が一緒にシルクスクリーンを制作完成させる夢のコラボ企画
 この貴重な機会をお見逃しなく! 
オリエンタルデザインギャラリー 2/20( 日 )15:00 - 
伊勢丹新宿店 本館 5F アートギャラリー 2/27( 土 )16:00 - 2/28( 日 )15:00 - 

 【WHAT IS "STREET ART"? 】
ストリートアートとは、ポップアートやファインアートを始め、映画やマンガ、音楽にアパレル他、 様々な要素を取り込みながら発展を繰り返している現在進行形のジャンルです。もともとは建築 物の壁面などに描かれるところのいわゆる壁画からスタートしましたが、イギリスのバンクシー やアメリカのカウズ等に代表されるよう、純粋に優れたアートとしての評価も年々高まっており ます。近年は通常のオークションのみならず、ストリートアートを特集したオークションも行わ れるほどで、ポップアート以後の美術史に名を刻むジャンルのひとつといっていいでしょう。「グ ラフィティアート」や「アーバンアート」と呼ばれることもあります。

【WHO IS "STATIC"?】
スタティックはロンドンを拠点とする二人組で、今年が丁度結成 10 周年に当たります。1 月には ロンドンのローレンス ・ アルキン ・ ギャラリーにて個展「PRESS PLAY」を開催(2 月 13 日迄)。 大好評の来日から三年半、《ストリートの貴公子》は更にスケールアップした姿で三度目の来日を 果たします。 スタティック(STATIC) アートスクールの友人同士であるトムとクレイグによって、2006 年ロンドンで結成。ステンシル (型紙)とスプレーペイント、シルクスクリーン、コラージュ等を用い、ストリートアートとファ インアートの架け橋とも呼べる洗練されたスタイルが魅力です。 作品にも頻繁に登場する彼らのトレードマーク、シャンデリアを吊るした軍用ヘリコプター、シ ヌーク ・ シャンデリア (CHINOOK CHANDELIER)。戦争がシャンデリア ( 富 ) を運ぶというアイロ ニーだけでなく、救援や希望という光を運ぶというように、様々なメッセージが込められています。 本国イギリスのみならず、世界各地で精力的に活動しており、これまでもミラノ、シンガポール、 ラスヴェガス等で個展を行っています。日本には過去二度来日。仕事の合間を縫って国内各地を 旅行する親日家でもあります。

【文章・画像:プレスリリースより】

"SHANTI" 紙にシルクスクリーン + スプレーペイント 700 × 700

" ひまわり (  ヴァン ・ ゴッホへのオマージュ )" ミックスドメディア(混合技法)

2016年1月4日月曜日

ROAMCOUCH 『2015年の最後に超絶ステンシル壁画を披露』



日本人の繊細さと根気を世界のアートファンに届け続けるステンシル職人ROAMCOUCH。2015年の最後に自身最大サイズ(6m x 5m)のステンシル壁画に挑戦しました。準備期間6ヶ月、ステンシルの枚数250枚!!ステンシルを250枚、毎日コツコツと半年もの間切り続けるその精神力の強さ。それに加え今までの経験が積み重なり得た確かなステンシルカットの技術。今回はスプレーだけではなく、筆での色入れ部分もあるので細部の仕上がりが本当に素晴らしいです。日本人が世界に誇れる根気と技術が見事に融合し、素晴らしい作品がまたストリートに誕生した事をとても嬉しく思います。岐阜県を旅行する機会があれば、多くの方にこの作品を実際にご覧いただきたいです。

場所:岐阜県安八郡安八町東結 - 桜堤防






Pics by Roamcouch

2015年12月14日月曜日

Banksyがフランスでの難民問題を問う! 最新ストリートピース《スティーブ・ジョブズ=シリア移民の子供》


ストリートの鬼才Banksyが、フランスのCalais(カレー)にある難民キャンプの壁面に強烈なインパクトの風刺作品を残しました。そこに描かれたのは、なんとSteve Jobs(スティーブ・ジョブズ)。シリア人の父親を持つスティーブ・ジョブズが80年代に発売された初期型Macintoshらしき物とわずかな荷物を肩に掛け、今にも動き出しそうなこの作品。Banksyのサイト上では、この作品に“the son of a migrant from Syria(シリア移民の息子)” というタイトルが付けられています。

アフリカやシリアからの難民が集う難民キャンプの壁にBanksyの作品が誕生する。Banksyの作品が誕生すると、そこにメディアを含め多くの人々の注目が集まる。注目が集まれば、多くの人々が難民問題について考える機会が増える。

「難民(移民)の中には、ジョブズのような天才がいるかもしれない。だから将来的な国益の為に難民を受け入れよう!」この作品を見て、このように解釈する人がいるかもしれない。しかし私はこの作品に込められたメッセージはもう少し深いところにあると思う。

皆さんはこの作品に込められたメッセージをどのように解釈しますか?

追記:Banksyの作品を見ていると、アートが世界を変えるわけではなく、アートを「きっかけ」として人々が考え、行動し、世界を良い方向へ導いていくことが大切なのだと気づかされる。



2015年11月20日金曜日

日本のストリートに感動を与えてくれた『POW!WOW!JAPAN』


2015年10月17日から25日に東京・天王洲アイルで開催されたPOW!WOW!JAPAN。(過去記事)ハワイで生まれたPOW!WOW!はこれからも世界中のストリートにインパクトを与え、アートの力で国境を取り払ってくれることでしょう!POW!WOW!は日本を離れた後、台湾へ渡っています!POW!WOW!TAIWANの情報は近日公開予定!















2015年11月18日水曜日

アートフェア札幌2015 x STREET ART

ROAMCOUCH

Street Art News Japanに縁のあるアーティスト達の作品がアートフェア札幌2015に展示されますので、会期中に会場に足を運ぶことのできる方は、是非生の作品を体感して頂きたい。作品展示予定のアーティストは、我らが友ROAMCOUCHを含め、RYCA, STATIC, MARTIN WHATSON, AITO KITAZAKIと豪華なメンバーとなっております。

【企画:ギャラリーかわまつ】
この度、ギャラリーかわまつはアート札幌2015に初出展します。 ROAMCOUCHのマスターピース「EMOTIONAL RAIN」や、現在当ギャラリーで開催中の RYCAオリジナルグラスワーク等を展示します。当日の天気は見事「雪」と予報されておりますが、 それを溶かすほどに熱のこもった皆様のご来場、お待ちしております!

【アートフェア札幌2015】
会期 2015年11月22日(日)~23日(月) 
時間 11:00~20:00(23日は19:00迄) 
会場 クロスホテル札幌(札幌市中央区北2条西2丁目23番地)TEL. 011-272-0010 
ブースNO. 1408 

AITO KITAZAKI

2015年11月9日月曜日

RYCA (RYAN CALLANAN)初来日展@ギャラリーかわまつ 11月14日開幕


スターウォーズなど映画ネタで有名なアーティストRYCA。ストリートアート好きなら誰もが知るRYCAの作品を遂に日本でご覧いただける機会がやってまいりました!

しかも今回は本名であるRYAN CALLANAN 名義での展覧会となりますので、RYCA名義とは少し異なるテイストの作品を体感出来るまたとないチャンスとなっております!

【RYCA aka RYAN CALLANAN】
 1981 年イーストロンドン出身。アートスクール卒業後、ライカ(RYCA)と本名ライアン ・ カラナン (RYAN CALLANAN) という二つの名義にて活動中。 前者はライアン本人が大ファンである『スターウォーズ』 など映画をテーマとした作品を発表、 後者はパブの看板製作会社の経営者という側面を活かした、 ガラス作品を発表するコンテンポラリーアーティストとして、それぞれ知られている。ピート ・ ドハーティ ( リバティーンズ、ベイビー ・ シャンブルス ) やノーマン ・ クック ( ファットボーイ ・ スリム ) 等、ミュージシャ ンにもファンが多く、 彼らの歌詞を引用したコラボ作品も発表されている。 本展覧会はライアン名義 単独としては、 初の来日展となる。

【開催概要】
 会期 2015 年 11 月 14 日 ( 土 ) - 28 日 ( 土 ) 11:00 - 19:00 ( 土は 18:00 迄 ) 日祝休み 
会場 ギャラリーかわまつ ( 〒 101-0051 東京都千代田区神田神保町 2-12-1 2 階 ) 
オープニングパーティー 11 月 14 日 ( 土 ) 19:00 - 21:00 ギャラリー 2 階 入場無料 
*当日作品を購入のお客様を対象にサイン会を行います。

2015年10月27日火曜日

James Jean 作品展"ZUGZWANG" 11月7日開幕



10月31日に森美術館で開幕する「村上隆の五百羅漢図展」。この巨大展覧会を間近に控え、現在全身全霊を尽くし、作品に息吹を吹き込み続けているアーティスト村上隆。そんな村上率いるカイカイキキがプロデュースするアート雑貨店「Hidari Zingaro」。才能が集結するこのアートスペースにて11月7日よりJAMES JEANの作品展が開幕します。
*James Jean @POW!WOW!HAWAIIの過去記事はこちらから

【以下プレスリリースより】
 今回の展示ではHidari Zingaroにて、James Jeanさんのミクストメディアのドローイングや、 銅板を使用したペインティングの大作といった、新作の展示を行います。 
 また、11/7(土)は、ささやかではございますが、 18時からのレセプションパーティーと、それに先駆けて16時からは、 当日『ジェームス・ジーン画集 パレイドリア』を会場でお買い求めのお客様を対象とした サイン会の開催を予定しております。 
 この度の個展タイトル「ZUGZWANG」は、チェスの用語で、 「プレイヤー自身が、自分にとって不利な一手を打たな ければならない状況」の事です。 ジーンさん自身も、作画している際、ZUGZWANGのような状況に置かれ、 描けば 描く程、正確なプロセスは破滅へと向かっていく様に感じながらも、 強制的に制作を行っているそうです。その超克を繰り返しながら、生み出された作品であるからこそ、 彼の作品は、幻想的で、観者の潜在意識を呼び起こす装置があります。 そんなJames Jeanの想像力に富んだ幻惑の世界観よって構成された展覧会を、是非体験しに来てください。 
  
 【James Jean】
  台湾生まれのジェームス・ジーンは、ニュージャージーで育ち、ニューヨーク のスクール・オブ・ヴィジュアルアーツ(SVA)で学んだ。現在はロサンゼルス に在住し活動を行っている。異なるジャンルや素材にまたがって制作する名 人的能力で知られる彼は、コミック史で最年少にして最も多くの賞を受賞し たカバーアーティストとして名を広めた。彼は業界内で数々の表彰を受け、 その想像力に豊んだ、かつ多角的な作品制作は、特定世代のアーティストや イラストレーターに影響を与えている。日本の木版画、北方ルネッサンスの ペインティングやエッチング、上海の広告ポスター、そしてコミック等の多様 な絵画の手法・様式を用いることで、ジーンのイメージは幻想や潜在意識を 呼び起こす。壁画、ファブリックプリント、インスタレーション、そしてアニメー ションを統合した2008年のプラダの世界的なキャンペーンにおいて、彼の ビジョンは不可欠の要素であった。以降、彼はイラストレーション活動を休 止し、ペインティング活動、本のプロジェクト、そしてギャラリーにおける展覧 会をニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドン、香港、東京などで開催している。

 日程:11月7日(土)- 11月24日(火) 
 ※サイン会 11月7日(土) 16:00~18:00予定 
 ※レセプション 11月7日(土) 18:00~20:00予定 
 時間:Open:12:00-19:00 ※水曜定休 
 会場:Hidari Zingaro  http://hidari-zingaro.jp/ 
住所:東京都中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイ3F 
 TEL:03-5345-7825 
James Jean個展 [ZUGZWANG] http://hidari-zingaro.jp/2015/09/jamesjean/  

2015年10月23日金曜日

ストリートアート展『JUST KIDDING』ギャラリーかわまつで10月24日開幕

ストリートアーティストのキャンバス作品やプリント作品に定評のあるギャラリーかわまつで、10月24日より作品展「JUST KIDDING」が開催されます。下記アーティストの魅力的な作品が展示予定ですので、パソコンやスマホの画面上では伝わらないアーティスト達が作品に込めた生の鼓動を是非感じていただきたいです!

【アーティスト】
BANKSY, BEEJOIR, D*FACE, DOLK, DRAN, EELUS, ESPO, AITO KITAZAKI, MAU MAU, STATIC, NICK WALKER and more

【開催期間】
 2015.10.24(sat)-31(sat) 
open 11:00-19:00 (sat -18:00)

【会場】
ギャラリーかわまつ
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-12-1 
TEL 03-3265-3030