2015年9月2日水曜日

日本人アーティストRoamcouchによる、新作シルクスクリーン作品"London calling"、9月3日(木)発売決定!

pic by Roamcouch

日本が誇るステンシルマスターRoamcouchによる、新作シルクスクーン作品"London calling"が、9月3日(木)にGraffiti printsから発売されます!
メイン・エディションは、300 gsm somerset paperに21色シルクスクリーン印刷、エディション100、用紙サイズ80 x 60 cm、サイン&ナンバーあり、価格£125.00となっています。
その他に、グロー・イン・ザ・ダーク・エディションとグリッター・エディションが用意されています。
今作は、その道40年の卓越した技術を持つプロフェッショナルにより手掛けられたため、過去最高の仕上がりとなっているようです。
 
購入は、こちらから(9月3日3PM(GMT))

2015年8月26日水曜日

Banksy最新動画『Dismaland』公開中!



 イギリスのストリートにおける社会現象『Banksy』。世界で最も注目度の高いこのストリートアーティストが主催する奇妙なテーマパーク『Dismaland - Bemusement Park』の予告動画が遂に公開されました。

 先日イギリスのウェストン・スーパー・メアに期間限定(9月27日まで)でオープンしたDismaland。そこには、Banksyの新作や世界各国から集結した50人のアーティストの作品が展示されています。

では、Banksyの生み出したdismal(憂鬱な)世界をご堪能ください。

Dismalandの紹介記事はこちらから



2015年8月21日金曜日

STREET ART EXHIBITION-WHO'S NEXT? 2015 年 9 月 2 日(水)開幕 BANKSY, DOLK, Roamcouch, etc



 「STREET ART EXHIBITION-WHO'S NEXT?」と題された展覧会が、9 月 2 日(水)に伊勢丹新宿店本館 5 階で開幕します。

 イギリスでは人気アニメ「ひつじのショーン」でもエピソードのひとつとして扱われるほど、お茶の間に入り込んだ新たなジャンル、ストリートアート。現アートシーンを席巻するポップアートや具体美術のように、近い将来、美術史にその名を刻むことでしょう。 そのパイオニアであるバンクシー以降、魅力あるアーティストが次々登場しています。神出鬼没の異星人インヴェイダーや、謎かけのようなイメージで観る者をを翻弄するドルク、めまいを催す完成度が話題の日本発アーティスト、ロームカウチ。本物の紙幣を作品に変身させる逆錬金術師ペニーなどがギャラリーを賑わせます。これからのアートシーンの主役となりうる逸材たちを、今のうちにご覧下さい! (プレスリリース参照)

名立たるストリートアーティスト達の作品が展示されますのでストリートアート好きの方々には是非会場に足を運んで頂きたいです。

【主な出展作家】
BANKSY
DOLK
INVADER

 【STREET ART EXHIBITION-WHO'S NEXT?】
 2015 年 9 月 2 日(水)ー8 日(火) 
伊勢丹新宿店本館 5 階 アートギャラリー 
10:30-20:00(最終日 18:00 終了) 

2015年8月17日月曜日

日本人アーティストTWOONEによる新作ミューラル"Run till die/Sink or swim"、ドイツはベルリンにて誕生!


ベルリン拠点の日本人アーティストTWOONEが、3日間の制作期間を経て、ドイツはベルリンにあるUrban spreeの外壁に巨大ミューラルを完成させました!"Run till die/Sink or swim"と題された今作は、spokebikeの協力のもと、誕生したミューラルです。
今作からも見てわかるように、TWOONEは、オーストラリアからドイツに拠点を移してからも、変化を恐れることなく、自身の作品のスタイルを進化させ続けています。そんな日本人アーティストによる作品集"LICHT | PIGMENT"が、アーティストのオフィシャルサイトにて発売されています。TWOONEの美しく、そしてスピリチュアルな世界観を堪能したい方は、是非手にとってみていただきたい!



Pics by TWOONE

2015年8月6日木曜日

グラフィティアーティストZOER&VELVET再来日! 展覧会『BLAS』8月7日(金)開幕



 今年の4月、 『L’ETAT LIMITE/極限状態』と題された展覧会が中野ブロードウェイのHidari Zingaro」で開催されました。。その展覧会で美しいグラフィティ作品を披露してくれたZOERVELVETがこの度新たな展覧会の為に再来日しました。古典的なグラフィティも好きですが、それとは一味違うグラフィティのこれからの可能性を是非この機会に体感していただきたい。

《以下プレスリリースより》
 8月7日(金)より、カイカイキキギャラリーにてZOER&VELVETの展覧会が開催されます。 多くの若手アーティストを輩出してきたGEISAIは、既存の文脈から解放された、世界中のクリエイティブなアーティストを中野ブロードウェイ内のカイカイキキのギャラリー、Zingaroへと招聘する新しいプロジェク卜、「GEISAI∞infinity」となりました。 

 その企画の第三弾として、2015年4月にフランス人若手グラフィティアーティスト、ZOER&VELVETを中野のZingaroへと招聘し、展覧会「L’ETATLIMITE/極限状態」を開催致しました。その際、油絵によるキャンバス作品のみを展示するという新たな試みが行われました。常に新たな事へと挑戦する彼らに、今回は元麻布にあるカイカイキキギャラリーの壁3面へと張り込まれた、巨大なキャンバスを1ヶ月間日本に滞在して頂きまして、ギャラリー史上最大の作品を制作して頂きます。 

 本展のZOER&VELVETの展覧会のタイトル「BLAS」は、「blasphemy(神への不敬、冒涜)」という言葉からつけられました。日本では、現状あまり深刻な問題ではありませんが、ヨーロッパにおいては、移民/難民の問題が非常に大きいです。そして、宗教や人種の異なりによる差別が存在します。安住の地を求め移住してきた者達は、今度、精神的に孤立します。一方で、科学技術の発達により我々は常に、情報にさらされています。また、瞬間的にあらゆる情報を手に入れられますが、それらの情報は、同じ位相で語られるようになり、実際に現実として起きている問題は、単なる写真や情報として処理されています。その現代社会の問題を土台に、ZOER&VELVETは、全てを失った終焉後の世界とは一体どのようなものであるのかを、キャンバス上へ描いていきます。 

 この機会に、是非ご来廊頂きまして作家たちが織りなす終焉後の「新たな世界」を体感して頂けたらと思います。

【展覧会】
「BLAS」 by ZOER&VELVET

【会期】
2015年8月7日(金)〜29日(土) 

【オープニングレセプション】
8月7日(金)18:00-20:00 

【時間】
Open: 11:00-19:00 / Closed:日、月 、祝 

【会場】
Kaikai Kiki Gallery :東京都港区元麻布2-3-30 元麻布クレストビルB1

展覧会情報はこちらでご覧ください。
アーティスト情報はこちらでご覧ください。

Photo by Kaikai Kiki Gallery

2015年8月1日土曜日

AITO KITAZAKIによるジグレープリント作品"You never know until you try"、発売中!


東京拠点のアーティストAITO KITAZAKIが、"You never know until you try"と題したジグレープリントを発売しました!
今作は、レッド、イエロー、エメラルドの3種類の色味が用意されており、キャンパスサイズ530×410mm、各エディション20、価格15000円となっております。
AITO KITAZAKIの世界が、ジグレープリントにより、キャンパスに落とし込まれています。
購入にご興味のある方は、tyourbanart@gmail.com宛てにメールを送付してください。
supported by TOKYOURBANART


pics by AITO

2015年7月25日土曜日

European Bobによる、新作シルクスクリーン作品"Duck Hunt"発売中!


英国人ドゥオEuropean Bobが、"Duck Hunt" と題したシルクスクリーン作品をリリースしました。
通常バージョンの“Duck Hunt”は、スカイブルー、ニンテンドー・グレイ、イエロー、グリーン、ライラックの5種類の色味が用意されており、Fabiano Paperに8色刷りシルクスクリーン印刷、用紙サイズ56cm x 76cm、サイン&スタンプ&ナンバーあり、価格£60-£90となっています。
背景にダイヤモンドダイスが施された特別バージョンは、ブルー、シルバー、イエロー、グリーン、ライラックの5種類の色味が用意されており、各エディション1、Fabiano Paperに8色刷りシルクスクリーン印刷、用紙サイズ56cm x 76cm、サイン&スタンプ&ナンバーあり、価格£150となっています。

"Duck Hunt"の購入はこちらから




2015年7月23日木曜日

「アートと音楽」をテーマにした企画オークション、11月7日(土)に開催決定!


Banksyに始まり、Shepard Fairey、Mr. Brainwashなどの多くのストリートアーティストが、音楽に関連するアート作品を生み出してきました。
そんな「アートと音楽」をテーマにした企画オークションが、SBIアートオークションと代官山TSUTAYAにより、11月7日(土)に代官山蔦屋書店で開催されます。
今回の催しに伴い、アートと音楽に関連した作品の出品が募集されています。出品にご興味のある方は、8月10日(月)までに作品情報(作家名、作品名、サイズ、技法など)と作品の画像を下記のメールアドレス宛にお送りください。
mail: artauction@sbigroup.co.jp
tel: 03-3527-6692

取扱い予定作品
・音楽家をモチーフにした絵画、版画、写真
・音楽をモチーフにした作品
・サウンドアート
・音楽家に影響を与えたもしくは音楽から影響を受けた作家の作品
・音楽家とコラボレーション(レコードジャケットなど)したことのある作家の作品
・プレミアム付きの楽器やレコード
・音楽家にゆかりのある物

 

2015年7月18日土曜日

ベルリン拠点日本人アーティストTWOONEによる作品集"LICHT | PIGMENT"、発売中!

 
ベルリン拠点日本人アーティストTWOONEが、"LICHT | PIGMENT"と題した作品集をリリースしました!
"LICHT | PIGMENT"は、A4サイズ、ハードカバー、64ページ、限定200冊、サイン&ナンバーあり、価格$40.00となっています。
TWOONEの世界観を存分な堪能できる作品集となっているので、是非手に取ってみていただきたい!

"LICHT | PIGMENT"の購入は、こちらから



pics by TWOONE

2015年7月16日木曜日

グラフィティアーティストREMS & DEBZA 最新エキシビション『NOIRFLUO』7月18日(土)開幕



村上隆率いるカイカイキキがプロデュースするアート雑貨店「Hidari Zingaro」。才能が集結するこのアートスペースにてグラフィティアーティストREMSとDEBZAのエキシビションが開催されます。このイベントはGEISAI∞infinityなる企画の下半期第1弾で、会期は7月18日(土)から8月4日(火)までとなります。  

 フランス拠点のグラフィティ・クルー ”Ghetto Farceur”に所属するDEBZA & REMS。才能あふれる彼らは今回、Hidari Zingaro、Kaikai Zingaroにて、キャンバス作品の展示及び、 1週間程かけて壁をペインティングする予定ですのでグラフィティ好きの方々には是非会場に足を運んで頂きたいです。

 【エキシビション】
 Ghetto Farceur : REMS & DEBZA[NOIRFLUO]展 

【会期 】 
2015年7月18日(土) – 8月4日(火) ※水曜定休 時間 12:00-19:00 

【オープニングレセプション】 
7月18日(土)18:00~20:00予定  


Ghetto Farceurは、貪欲に新たなスタイルを追求していたRems(レムス)によって設立され、 [Ghetto Farceur(スラム街のジョーカーの意)]という一つの理念の元に団結可能な、 潜在能力のある仲間を必死に探し求め選抜された集団のことです。そして、 その選抜メンバーが、Rems、Fan、Kurve、Kloz、Neist、Bims、Skio、Debza、そし て Rekulatorです。 また、Ghetto Farceurというグループは世界中で、誇張された絵画的ジョークをてんこ盛りに振舞うことで、 既成のルールや品行の規則の権力構造を揺さぶり続け、作 品は抽象的かつ不遜で、蛍光的次元(造語)へと展開されています。 

Ghetto Farceur  
https://instagram.com/ghettofarceur/ 
https://www.facebook.com/GhettoFarceur 
https://www.youtube.com/user/GFprivatejoke 


Debza
フランスのトゥールーズ出身のDebzaは、非常に若くしてグラフィティの世界へ傾倒した独学のアーティストだ。 シリアスでありながらも奇抜なDebzaの世界観は、日本の文化 、グラフィティ、タトゥー、旅とホラー映画の融合によって 形成されたものだ。また、Ghetto Farceurと共に絶え間ない進化を遂げ自身の限界を押し広げている。 現在はカナダのモントリオールにあるタトゥーマニアという店で、プロのタトゥーアーティストとして活動し、 今もタトゥーという媒体が自身のアート活動に効果的となるような終わりなき可能性を模索していると同時に、 日々絵を描き、創作をしている。
https://instagram.com/debzawashere/ 
https://www.facebook.com/DebzaWasHere 
http://lavienemapprendrien.tumblr.com/ 


Rems 
イメージの力に魅了され、独学で創造性を習得してきたRems (レムス)は、2004年に壁へのスプレーペイントを開始し、 以来伝統的なグラフィティに取り組む革新的な方法を模索し続けている。 Remsが壁に描く作品は、精密で類稀な蛍光世界を開発し、未来的で型にはまらないグラフィティを追い求めることで、 時として閉鎖的なグラフィティ世界の習わしを転覆させようとする意思に突き動かされている。 これを遂行するため、Remsはスプレー缶というツールの提供する無限の可能性を利用し、 そして技術的制限や制作の規模を体系的に押しのけ、また新しい制作過程を探索している。
https://mercedesbems.wdpress.com/ 
https://www.facebook.com/DeLaFiste 
http://fistjoking.tumblr.com/